「大繁盛!まんぷくマルシェ」のあらすじを公開するネタバレ記事です。プレーする気はないけどストーリーが知りたい方向けに、エンディングの意味が分かるよう要所要所をピックアップして公開します。

【関連ページ】

この記事はストーリーを知りたい方を読者としております。攻略情報をお探しの方はまんぷくマルシェ レシピ一覧をご覧ください。

  • まんぷくマルシェ レシピ一覧
  • オープニング

    サフランへの手紙

    大繁盛まんぷくマルシェの攻略。オープニングの手紙。

    信愛なるサフラン様

    いよいよ今日から、ここ【世界樹のマルシェ】で料理アドバイザーとして働きます。

    王子さまが作った5,000,000Gの借金返済のため、シェフと一緒に頑張るね!

    借金を返せないと、【ゴーマン商事】に世界樹の土地を取られちゃって……

    サフランが教えてくれた【世界樹の実】が食べられなくなっちゃうから、私も必至です

    それじゃあ、また手紙を書くね。

    ひとりで大変だろうけど、王子さまのことをよろしくね。

    P.S.
    ちゃんと歯は磨いていますか?また虫歯になっちゃうよ!

    シェフを一緒に借金を返済するのが、このゲームの目的です。文面上では料理アドバイザーとの事ですが、実質のプロジェクトマネージャーのような立ち位置でシェフ達をこき使ってシェフ達と積極的に話しかけるようなムードメーカーのような役割を果たします。

    プロジェクトマネージャーのイメージ画像。進捗どうですか。

    ジュリーとの出会い

    大繁盛まんぷくマルシェの攻略。ジュリーとの出会いの場面。

    ランチ:
    借金の返済も大事だけど…
    【誰も食べたことがない伝説の実】
    っていうのは、料理アドバイザーとし絶対に食べてみたいよね。

    ジュリィ:
    世界樹の実なら、これジュリィ!

    ランチ:
    へぇ…それかぁ。
    って、ええ!?ぬいぐるみがしゃべってる!?

    ジュリィ:
    ジュリィは世界樹の精霊ジュリィ!
    世界ジュのマルシェを見守る、聖なる存在ジュリィ!

    主人公ランチは、世界樹の精霊ジュリィと出会います。ジュリィが言うには、マルシェに集まる人々のココロを栄養にして実る果実らしく、一部の人にしか見えないようです。同様に、精霊ジュリィも一部の人にしか見えないようです。

    借金返済過程

    メンバー集結

    話を進めるにつれて、ユーカリ、フェンネル、マジョラム、ブーケガルニ、ミツバ、リンドウの6人のシェフが集まります。

    大繁盛まんぷくマルシェの攻略。メンバー6人とのサイドストーリーが繰り広げられます。

    フェンネル:
    美食戦士 ミス・スプーン……だっけ?

    ランチ:
    あー!あーー!

    フェンネル:
    ふふ……・
    他人には知られたくない秘密……誰にでもあるよね?
    例えば、林の奥でヒーローごっこするなんて趣味がバレたら……
    僕だったら恥ずかしくて、ここには居られないな~

    「大繁盛!まんぷくマルシェ」はメインストーリーよりも、6人のシェフ同士の会話の方がボリュームが多く、どちらかと言うとメインストーリーよりもサイドストーリーを楽しむゲームになっています。ですが、サイドストーリーはボリュームが多く紹介しきれませんので、ここでは紹介を省略します。

    ジュリーの体調不良

    大繁盛まんぷくマルシェの攻略。体調を崩し始めるジュリー

    いつもは、主人公ランチとジュリィは世界樹の実を半分ずつ食べます。しかし、ランク7に到達するあたりになると、ジュリィは世界樹の実を食べようとしません。

    ゴーマン商事の引き抜き工作

    借金返済が軌道に乗り始めると、ゴーマン商事は計画の潰しにかかります。まずは、シェフ達が考案したネオ料理を盗作します。その後は、あからさまな引き抜き工作を始めます。

    大繁盛まんぷくマルシェの攻略。ゴーマン商事の引き抜き工作が始まる。

    オニオン:
    素直にこの場所を立ち退くなら、諸君の望みを叶えてやろう。

    <中略>

    オニオン:
    そしてブーケガルニには……

    ブーケガルニ:
    俺様は何も要らねーぜ、欲しいもんは自分で手に入れてみせる!

    オニオン:
    ふっ……本当に自分一人で故郷の島を救えるとでも?

    ブーケガルニ:
    んん~?

    オニオン:
    君の島に、うちの超高級リゾートを建てようと思ってね。島の住民まるごと雇ってやる。貧乏な生活とはお別れだ。

    シェフ6人それぞれに魅力的な引き抜き条件を提示し、ゴーマン商事のオニオンは去って行きます。

    引き抜きに対する回答

    大繁盛まんぷくマルシェの攻略。引き抜き工作に応じない場面

    オニオン:
    さぁ、マルシェの諸君。答えを聞かせてもらおうか。まあ……これだけの好条件だ。考えるまでも無いことだが、

    <中略>

    ブーケガルニ:
    俺様だって!こんな傲慢なやつのリゾートで 島のみんなを働かせるわけにはいかねぇ!俺様自身の力で、島を救うんだ!

    <中略>

    ユーカリ:
    そういうわけですので お引き取りください!!

    オニオン:
    ふん……どうやら、見込み違いだたようだ。……まあいいだろう。どちらにせよ、この土地は私のものになるのだからな。せいぜい 悪あがきをするがいい、

    シェフ6人はゴーマン商事の引き抜きを断ります。

    ジュリーの想い

    大繁盛まんぷくマルシェの攻略。ジュリィがランチに対して想いを伝える場面。

    ジュリィ:
    ジュリィは、千年に一度だけ世界樹に実る……
    【生命の実】を食べて生きてきたジュリィ。

    ランチ;
    千年?!

    ジュリィ:
    そうジュリィ……。
    何千年も、そうして生きてきたジュリィ。でも……
    何年か前、その実を食べる前に落としてしまったジュリィ……。

    ランチ:
    えっ!

    ジュリィ:
    落ちた実は、なんだかすっごく傲慢そうな男の子に拾われてしまったジュリィ。
    ジュリィは……生命の実を食べないと生きてはいけないジュリィ。

    ランチ;
    えっ、そんな……!

    ジュリィ:
    ジュリィの命は、世界樹の命でもあるジュリィ。
    生命の実を失った世界樹は人を引き付けるチカラが弱まり、いつしかマルシェの賑わいも消えていったジュリィ……。
    そんなとき、ランチがやってきたジュリィ。

    ランチ:
    わたし……?

    ジュリィ:
    そうジュリィ。ランチのおかげで、ジュリィは再び活気を取り戻したジュリィ。もう見られないと思っていた、たくさんの笑顔……ジュリィは、とても嬉しかったジュリィ。
    それに応えるように、世界樹も色々な実をつけたジュリィ。そして……ランチが”半分こ”してくれた実のチカラで、ジュリィはここまで命をつなぐ事ができたジュリィ。でも……。やっぱり、限界みたいジュリィ……。……眠くて眠くて、仕方がないジュリィ……。

    ジュリィは、ランチに思いを伝えて眠ってしまいます。

    ゴーマン商事との交渉開始

    大繁盛まんぷくマルシェの攻略。ゴーマン商事との交渉を申し出る。

    ランチ:
    千年に一度、世界樹に実るっていう【生命の実】を食べないと……。ジュリィは死んでしまうの。

    <中略>

    ランチ:
    その生命の実は、前に樹から落として誰かに拾われちゃって……。

    <中略>

    フェンネル:
    ………。
    ……ランチ。その生命の実なんだけど……。僕、ゴーマン商事の展示会で見たことがあるよ。

    ランチ:
    ほっ……ほんと!?

    フェンネル:
    そう……「生命の実」ってタイトルで 空のガラスケースが飾ってあったんだ。選ばれた人にしか見えないって書かれてて……。ただの冗談だろうと思ってたんだけど、この前のランチの話を聞いて もしかしてと思ってね。

    <中略>

    フェンネル:
    僕で良ければ、オニオン……さんに連絡できるけど……。
    あの人にお願いして、素直に実を譲ってくれるかどうか……。

    元々はゴーマン商事側のスパイとしてメンバーに加わったフェンネルが、ゴーマン商事との交渉役を申し出ます。

    ゴーマン商事が提示した交換条件

    大繁盛まんぷくマルシェの攻略。ゴーマン商事が交換条件を提示します。

    オニオン:
    やあ、マルシェの諸君。話は聞かせてもらったよ。私の持っている生命の実…… どうしても必要だそうだな。だが、私は生命の実をとても気に入っていてね。残念だが、諸君に譲るつもりはない。

    <中略>

    オニオン:
    ……と言いたいところだが、諸君は世話になった。そうだな…… 特別に、5,000,000Gで譲ってやろう。いかがかな?

    <中略>

    ブーケガルニ:
    ん~?その金額、どっかで聞いたことあるぞ……?そうだ! 王国の借金の額とおんなじだぜ!

    オニオン:
    ふん。その通り。諸君が必死に貯めている、その金。もうすぐ目標金額に達するのだろう?それを使えばよい。

    ユーカリ:
    で、でも……。そんなことをしたら……。

    フェンネル:
    ……借金を返せなければ、このマルシェは無くなる……。

    オニオン:
    借金返済か、生命の実か。
    選ばせてやろう。

    エンディング

    ランチの選択

    大繁盛まんぷくマルシェの攻略。5,000,000Gで生命の実を買い取ります。

    オニオン:
    やあ、マルシェの諸君。今日が借金返済の期限日だ。君たちの最後の答え……聞かせてもらおう。

    <中略>

    ランチ:
    このお金で……生命の実を買い取ります。

    オニオン:
    ほう……自分の使命を捨ててまでこの実が欲しいのか?……まったく理解できんな。こちらにとっては好都合だが。さあ、これが生命の実だ。持って行くがいい。

    ランチは今まで貯めたお金で「借金の返済」か「生命の実」の選択を迫られ、「生命の実」を選びます。

    ジュリィの復帰

    大繁盛まんぷくマルシェの攻略。ジュリィの復活

    ランチ:
    ……ジュリィ。生命の実だよ……。

    <中略>

    ジュリィ:
    ランチ……どうしてジュリィ……?

    ランチ:
    ごめんね、ジュリィ……。

    ランチ:
    私……やっぱりジュリィを見捨てるなんてできないよ!
    世界樹のマルシェは、またいつか開けるかもしれないけど……。ジュリィはジュリィだけだもん!

    ジュリィ:
    ランチ…… ……ありがとうジュリィ。

    オニオン:
    ふん。
    ……いいかな、諸君?借金が返せない以上、この土地は私のものだ。感動の場面に悪いが、今すぐ立ち退いてもらおうか。

    秘書サフラン登場

    大繁盛まんぷくマルシェの攻略。秘書サフランが借金を工面。

    サフラン:
    ……先日、城の倉庫をひっくり返して調べました。すると、秘蔵の高級ワインや超高級食材が大量に出てきたんです。総額……ざっと5,000,000Gはあるかと。
    しかし……こう量が多いと、なかなか買い手がつかず困っているのです。王室愛用品ともなればプレミアが付き、総額の何倍もの価値がつくと思うのですが。……困ったものです。

    オニオン:
    ……なるほど。そういうことですか。その品物……我が社で買い取らせて頂きましょう。

    サフラン:
    まぁ。それは良かった。
    では、そのお金……借金の返済に充ててくださいな。

    オニオン:
    ふん。……いいでしょう。また御用があればいつでも呼んで下さい。では、失礼。

    フェンネルの手紙

    大繁盛まんぷくマルシェの攻略。ランチの代わりにフェンネルが状況を王国に伝えていた事が判明。

    ランチ:
    あれ?でも……なんでサフランがジュリィのことを知ってるの?
    それに、こんなタイミングよくお金と用意できるなんて……。

    サフラン:
    ……どこかのお節介さんが、お城に手紙をくれたんです。世界樹の精霊のこと、生命の実のこと……。あなたが置かれている状況が、詳しく書いてありましたよ。……本来ならあなたが報告すべきことなんですけどね。

    仲間との別れ

    大繁盛まんぷくマルシェの攻略。帰り支度のシーン。

    サフラン:
    とにかく、そういうわけですから、すぐに帰り支度をしてください。

    ランチ:
    へっ?!

    サフラン:
    明日の朝、改めて迎えに来ますから。それまでに準備を済ませてくださいね。

    ランチ;
    えっ……!そ、そんな急に!?

    サフラン:
    急も何も、あなたの仕事はこれでおしまいです。
    提出すべき報告書が山のように たまってますよ。