「プラトモ」のレビュー記事。プラモデルハウスの完成形。

プラトモ」の電気スタンド、洗濯機などの日用品のプラモデルを作るパズルゲームです。プラモデルとは言っても外見だけでなく、中の部品もしっかり作り込まれたプラモデルです。実際にやってみると、この日用品って、「中身はこんな風になっているのかも」と思う楽しさがあるゲームです。

 

プラトモ 関連記事
プラトモ 記事一覧に戻る

 

ゲームの流れ

ステージセレクト

ゲームを開始すると、ステージセレクトの画面になります。全60ステージで任意のステージからの攻略が可能です。いきなり、最高難易度のNo.59 バイクを攻略する事もできますが、最初から順番にやった方が自然に攻略のコツを掴めるので、可能な限り若い番号から順にプレーする事をお勧めします。

各ステージはの3種類の難易度があり、ステージを解放するには銅の鍵銀の鍵金の鍵が必要になります。

「プラトモ」のレビュー記事。ステージセレクト画面。

 

プラモデルの組み立て

立体パズル

プラモデルの形を意識した立体パズルです。プラモデルと同じ要領で、「穴に棒が入るように」「くぼみに入るように」プラモデルを組み立てていきます。

「プラトモ」のレビュー記事。要するに立体パズルです。

 

中身の入れ忘れに注意

プラモデルなので、中身を作ってから蓋を閉めましょう。もし、中身が詰まっていない状態で蓋を閉めると、「何か入れ忘れたパーツがあるみたい」とのメッセージが表示されます。

「プラトモ」のレビュー記事。中身の入れ忘れに注意

 

中身のこだわり

このゲーム、結構、プラモデルの中身にこだわっています。例えば、テレビの場合は、中の基盤やケーブル配線が必要になります。

「プラトモ」のレビュー記事。テレビの中身。

 

ステージクリア

ステージクリアすると、プラモデルがぬくぬくと動きだし、見ているだけでも癒されるような映像が映ります。グローバルギアさんの過去作品「放置シティ」「カプセルタウン」のような、相変わらずクオリティ高い演出が見られます。

「プラトモ」のレビュー記事。ぬくぬく動くプラモデル

 

クリアすると、鍵を1つ入手でき、新しいステージに挑戦できます。

「プラトモ」のレビュー記事。鍵をもらえます。

 

コレクション

「完成度」ボタンを押すと、完成したプラモデルを鑑賞する事ができます。完成したプラモデルは家の中に配置され、少しずつ豪華になっていきます。

「プラトモ」のレビュー記事。家が少しずつ豪華になっていきます。

 

総評

グローバルギアさんと言えばノベルゲーム、放置ゲームが多い印象で、今回のようなパズルゲームは異色の存在です。とは言っても、今までのグロールギアさんらしいゲームで、「すきま時間でちょこっと遊べる」「放置シティのような細かな立体ぬくぬく動く演出」は健在です。

ちょっとした隙間時間で遊べるだけでなく、「身近な物の中身ってこうなっているんだ」と知的好奇心をくすぐってくれる楽しみもある作品です。

 

プラトモ 関連記事(再掲)
プラトモ 記事一覧に戻る