監獄少年」というノベルゲームの紹介&レビュー記事です。タイトルは「アベノミクスの真価を問う」とお堅いですが、フツーに読み物としてお楽しみ頂く事もできるやや長編のノベルゲームになっております。イラストや世界観でどっぷり激動の大正時代を堪能するのも良し、マジメに社会問題について考えてみるのも良し、貴方の好きなようにお楽しみ下さい。

 

「監獄少年」関連記事
監獄少年 第1章 攻略に進む
監獄少年 攻略記事一覧に戻る

 

ゲーム紹介

舞台は大正時代

舞台は大正時代。主人公 暁哲は思想犯を取り締まる警察(特別高等警察)に努める若手警官。暁哲はその警察内である事件を目撃します。事件の裏には、巨大な利権・思惑があり、主人公らは日本の闇(実在モデルあり)を徐々に明らかにしていきます。

この物語はフィクションです。実在する人物及び団体とは一切関係ありません。

監獄少年の紹介。主人公 暁哲

 

時代背景の取材に手抜きなし

ゲーム内では大逆事件, 特別高等警察, 浅草十二階, 関東大震災など実在の歴史に登場したエピソードも登場します。

監獄少年の紹介。史実のエピソードに基づいたファンタジーです。

 

ゲームのやり込み要素のひとつであるカード収集をすると、如何に製作者が時代錯誤がないように丁寧に取材して作ったストーリーであるかが伝わってきます。

監獄少年の紹介。カード②を入手すると、丁寧に取材している事が分かります。

 

それぞれの正義が交錯する

このゲーム、基本的に悪人は出てきません。大正時代の不況期で裕福でない時代でありながら、「国を良くするためにはどうすれば良いのか」を、それぞれの登場人物が必死に考えます。ですが、考えた結果は、相容れず互いに敵同士になります。誰が「正しい」と一方的に決められるような単純な問題ではありません。

監獄少年の紹介。それぞれの正義が交錯します。

 

弱者切り捨ては是か非か

前作「四ツ目神」も同様ですが、社会問題に踏み込んだ説教くさい所がSEEC長編ノベルの良い所でもあります。ゲーム内では様々な社会問題について考えさせられますが、そのテーマのひとつに「弱者切り捨て」「社会進化論(ダーウィニズム)」があります。

ゲーム内では先輩の「弱者を切り捨てるべきだ」との主張に対して、鬼堂大和がキレッキレの反論でフルボッコにするワンシーンがあります。

監獄少年の紹介。大和のキレッキレの反論

先輩:
強者は生き残り遺伝子を残すことができる。
社会に貢献できない弱者は死に、遺伝子を残すことができない。
それは人でも動物でも一緒のはずだ。
弱肉強食、自然界の掟だと思うけどな。
それを捻じ曲げようとしてのは、人間だけだ…お前らはそう思わないか?

鬼堂 大和:
本当にそうでしょうか。
先輩、その強者と弱者の境目は何でしょうか。健康でしょうか。
金を生み出す力でしょうか。遺伝子を残す力でしょうか。

セリフは一部のみ引用します。この後のキレッキレの大和無双は実際にゲームをやってお楽しみ下さい。

 

アベノミクスに当てはめると…

前述の先輩の弱者切り捨ての思想は、さかのぼること19世紀末に生まれた「社会進化論(ダーウィニズム)」を起源としております。この思想は、イギリス・ドイツに始まり、アメリカ、カナダ、南アメリカ、アジアと世界中に広まっていきました。ゲームの舞台となっている大正時代は、「社会進化論(ダーウィニズム)」が多数派になりつつある時代です。

 

それでは、この当時の状況を今に当てはめて考えてみましょう。アベノミクスにより、貧富の差が拡大しつつあるのは、いたる所で語られています。厚生労働省の勤労統計調査を見れば、大企業の収益が増えているのにも関わらず、実質賃金が低下しているのが読み取れます。

アベノミクス以降の実質賃金
グラフ拝借:世界雑感☆新しい世界は日本から始まる☆

 

このように貧富の格差が広がっていくと何が起きるでしょうか。「動物農場」「1984」など有名どころの書籍でも同じような主張が見られますが、監獄少年でも次のような一節があります。

監獄少年の紹介。貧富の格差によって発生しうること

目にもあきらかですが、貧富の問題は年々大きくなっています。
知っていますか?貧富の差は、秩序を崩壊させ争いを産む事を……。
今まさに、日本は危うい均衡の上のギリギリの状態で成り立っているのです。
貧困層の不満は徐々に膨らみ、いずれその均衡が崩れる時、
民の暴力は富裕層や現政府へと向かいます。

このような事を考慮すると、実は他人事では済まされないテーマである事が分かります。

 

このブログも監獄少年も「社会進化論」や「アベノミクス」を擁護したり批判したりする意図はございません。ゲーム内では反対・賛成の両方の意見が紹介されておりますが、ネタバレ自粛という事で片方の思想のみ紹介します。

 

操作説明

監獄少年はノベルゲームではあるものの、途中で「探索パート」「尋問パート」と呼ばれる謎解き要素が登場します。謎解きは、類似のゲームに比べれば難易度高めですが、動画閲覧でヒントを見れば決してクリアできない程の難しさではありません。

 

探索パート

いわゆる脱出ゲームです。主人公はアイテムなどを利用して謎解きを行います。他の脱出ゲームのように、色々な所をタップするだけでなく、暗号解読のような頭を使う要素も含まれています。

監獄少年 探索パートの操作説明画像

 

尋問パート

相手が言い逃れできないよう、問い詰めたり証拠品を提示したりするパートです。いわゆる逆転裁判のような形で選択肢やアイテム提示を行うパートですが、難易度は高めです。ストーリーを理解するだけは攻略できない場面もあり、時にはアイテムの形状など意外な所がヒントになっている事もあります。

監獄少年 尋問パートの操作説明画像

私個人の意見ですが、尋問パートはわざとMISSするのも一興です。相方の冴木凪のツッコミが面白いので、どんなセリフになるのか一度見てみるのも良いでしょう。

 

参考動画

尋問パートと探索パートを収録した動画です。操作感の参考にして頂けると幸いです。

監獄少年は第二章以降の許可ない実況は禁止されております。本動画はSEEC様の許可をもらった上で公開しております。

 

ゲーム評価

世間の反応

google playを見ると、評価4.1でシリーズ作「アリスの精神裁判(評価 4.7)」「四ツ目神(評価 4.8)」に比べると低めの結果になります。

監獄少年 google playの評価

評価は低めですが、私は前作と同じくらいの面白さと感じています。評価が低いのは、初期のマネタイズの失策に影響したものとみられます。今までは無料である程度遊ぶ事ができたのですが、今作からはチケット制で1日に遊べる量が限られてしまいました。また、広告動画もシリーズ作に比べると多めです。

このような課金誘導のせいもあり、初期の批評が低めの評価になっています。ですが、いま現在では配布されるチケットも多めになっていますので、今までのシリーズ作と同じような感触で遊ぶ事ができます。本記事執筆時点では評価4.1ですが、時間経過に伴い、評価は徐々にあがっていくと予想しています。

 

サイト管理人の批評

ノベルゲーム好きはやって損なしの一作です。前作「四ツ目神」も同様ですが、時代錯誤がないように丁寧に文献を読み漁ってシナリオを作成する姿勢は、素直に尊敬できます。ただし、「四ツ目神」同様に扱っているテーマが重たいため、徐々にHPを削られる作品でもあります。もしかしたら、元気な時にやった方が良いかもしれません。

 

もちろん、ノベルゲームならではの「引き込まれるストーリー」「泣ける話」も盛り込まれています。SEECさんのノベルゲームは全体的に秀逸過ぎて、もはや「引き込まれる」「泣ける」は当然になりつつあり、レビューから割愛します。

 

大事な事なのでもう一度言います、ノベルゲーム好きはやって損なしの一作です。

 

イラストだけを見ると、「あれ?女性向けかな?今作から男は対象外?」と思う方も居るかもしれませんが、男性の方も楽しめる作品になっています。明治大正期が好きな人はどストライクゾーンの一作です。

 

嫁レビュー

当サイトの管理人は男です。女性ユーザの多いゲームは意見が偏らないように、嫁の意見も混ぜるようにしました。

「少年×軍服」って良いよね。っていうか、巫女さんパジャマってあるのに、何で軍服パジャマって無いんだろ。

その後、嫁は「海軍っぽい男子校の制服」を画像検索していました。レビュワー間違えたかな、次は他の人の意見をもらおう…。

 

「監獄少年」関連記事 (再掲)
監獄少年 第1章 攻略に進む
監獄少年 攻略記事一覧に戻る