ネバーランドシンドロームの攻略。第七章 影との対峙の冒頭画像

ネバーランドシンドローム」の攻略まとめ情報です。「第七章 影との対峙」の選択肢、親愛度、シナリオ分岐についてまとめます。前章で入手した「お守り」を使用すると、各キャラクター毎のエンディングを発生させる事ができます。

 
スポンサーリンク

ネバーランドシンドロームの攻略記事一覧です。攻略に必要になる基本的な情報は攻略概要 選択肢まとめに記載しております。説明不足を感じたり、より詳細な情報をお求めの方は、章別の記事をご欄ください。

ネバーランドシンドローム 関連記事

 

第7章 影との対峙 概要

分岐マップ

「第七章 影との対峙」は「勇気を与えてくれるもの」でお守りを選択します。ここで選択したお守りの持ち主のエンディングが発生します。

ネバーランドシンドロームの攻略。第七章 影との対峙のシナリオ分岐

 

選択肢一覧

「第七章 影との対峙」の選択肢一覧をまとめます。ネバーランドシンドロームは、登場人物の親密度やシナリオ分岐によって、エンディングが変わります。親密度が上昇する選択肢はピンクで表記し、シナリオが大きく変化する重要分岐黄色下線で表記します。

ネバラン 第七章 影との対峙 選択肢一覧

「ネバーランドシンドローム(ネバラン)」第七章 影との対峙の選択肢についてまとめます。

No ステージ 選択肢
共通ルート(1)
A1 影との対峙
A2 インナー
チャイルド
トゥルーエンド条件
闇を受け入れること
・闇を振り払うこと
ピータールート
B1 カーリーの提案
B2 勇気を与えて
くれるもの1
重要分岐
何も持たない ⇒ Bad「死してもなお」へ
確かあったはず ⇒ キャラクタ別エンディングへ
それよりも急がなきゃ ⇒ Bad「死してもなお」へ
ティンクルート
C1 スミーの提案
C2 勇気を与えて
くれるもの2
重要分岐
何も持たない ⇒ Bad「死してもなお」へ
確かあったはず ⇒ キャラクタ別エンディングへ
それよりも急がなきゃ ⇒ Bad「死してもなお」へ
共通ルート(2)
D1 救う代償
D2 小さな抵抗 シナリオ影響なし
・その通りかもしれません
・そんなこと、わかってます
End 死してもなお
End どこにもない国
 

ヒント一覧

「第七章 影との対峙」のヒント一覧をまとめます。ゲーム内で表示される、各ステージ到達するためのヒントを転記します。

ネバラン 第七章 影との対峙 ヒント一覧

「ネバーランドシンドローム(ネバラン)」第七章 影との対峙のヒントについてまとめます。

No ステージ ヒント
B1 ティンカーベルと影 ピーターパンと行動していた者に開かれる道
C1 ピーターパンと影 ティンカーベルと行動していた者に開かれる道
 

第7章 影との対峙 詳細

共通ルート(1)

インナーチャイルド [トゥルーエンド条件/スチル]

目の前に現れた影は、主人公自身の抑圧された感情 インナーチャイルドである事に気づきます。ここで「闇を受け入れること」を選ぶと、トゥルーエンド発生条件の1つを満たします。

[選択肢]
闇を受け入れること
・闇を振り払うこと

「ネバーランドシンドローム 第七章 影との対峙」の攻略。自身の闇と対峙する場面

 

前述の選択肢で「闇を受け入れること」を選ぶと、主人公のスチルとトワの本9ページ目を獲得します。

「ネバーランドシンドローム 第七章 影との対峙」の攻略。インナーチャイルドを受け入れる場面

「ネバーランドシンドローム 第七章 影との対峙」の攻略。トワの本9ページ目

 

ピータールート

カーリーの提案 [スチル]

シナリオを読み終えると、ティンクのスチルを入手します。

「ネバーランドシンドローム 第七章 影との対峙」の攻略。ティンクのスチル

 

勇気を与えてくれるもの1 [お守り選択]

主人公はティンクの処刑を止めようとするものの、恐怖のあまり声を出す事ができません。何かお守りになるものはないかと思惑します。

以降、選択したお守りをくれた人物とのエンディングになります。一方、お守りを選択しなかった場合は、Bad End「死してもなお」が発生します。

[選択肢]
何も持たない ⇒ Bad End「死してもなお」
確かあったはず ⇒ キャラクタ別エンディングへ
それよりも急がなきゃ ⇒ Bad End「死してもなお」

「ネバーランドシンドローム 第七章 影との対峙」の攻略。お守りを選択(ピータールート)

 

ティンクルート

スミーの提案 [スチル]

シナリオを読み終えると、ピーターパンのスチルを入手します。

「ネバーランドシンドローム 第七章 影との対峙」の攻略。ピーターのスチル

スポンサーリンク
 
 

勇気を与えてくれるもの2 [お守り選択]

主人公はピーターパンの処刑を止めようとするものの、恐怖のあまり声を出す事ができません。何かお守りになるものはないかと思惑します。

以降、選択したお守りをくれた人物とのエンディングになります。一方、お守りを選択しなかった場合は、Bad End「死してもなお」が発生します。

[選択肢]
何も持たない ⇒ Bad End「死してもなお」
確かあったはず ⇒ キャラクタ別エンディングへ
それよりも急がなきゃ ⇒ Bad End「死してもなお」

「ネバーランドシンドローム 第七章 影との対峙」の攻略。お守りを選択(ティンクルート)

 

共通ルート(2)

救う代償 [スチル]

シナリオを読み終えると、主人公のスチルを獲得します。

「ネバーランドシンドローム 第七章 影との対峙」の攻略。主人公のスチル

 

小さな抵抗

フック船長は正しい道を啓示できるのは大人だけであると主張します。この主張に対して、主人公は反論します。なお、反論のセリフは、どちらを選んでもエンディング・親密度には影響しません。

[選択肢]
・その通りかもしれません
・そんなこと、わかってます

「ネバーランドシンドローム 第七章 影との対峙」の攻略。主人公の小さな抵抗

エンディング

死してもなお

エンディング「死してもなお」に到達すると、フック船長のスチルを入手します。

「ネバーランドシンドローム 第七章 影との対峙」の攻略。バッドエンド「死してもなお」で入手可能なスチル

 

自動分岐 補足説明

第七章は、第六章「閉ざされた扉」でピーターパン, ティンクのいずれかと行動したかによって、若干のシナリオの分岐が発生します。以下、全てのストーリーを読み、コンプ率100%を目指す方向けの操作説明をします。

1. 閉ざされた扉

ステージセレクトで「第六章 閉ざされた扉」を選びます。シナリオを読み進め、次の第三章で分岐させたい方の選択肢を選びます。ピーターのシナリオを読みたい場合は「裏庭」を選び、ティンクとのシナリオを読みたい場合は「視聴覚室」を選びます。

第六章は「閉ざされた扉」以外のシナリオを読む必要はございません。

「ネバーランドシンドローム 第七章 影との対峙」の攻略。六章「閉ざされた扉」をやり直す

 

2. 第七章 自動分岐シナリオ

第七章で自動的に分岐するシナリオをステージセレクトで選びます。「インナーチャイルド」が自動的に分岐します。

「ネバーランドシンドローム 第七章 影との対峙」の攻略。ステージセレクト

 

3. 第七章 分岐後

自動分岐するシナリオを読んだ後、新しいステージが解放されています。

「ネバーランドシンドローム 第七章 影との対峙」の攻略。想定通りの分岐である事を確認

 

関連記事

ネバーランドシンドローム

ネバーランドシンドロームの攻略記事一覧です。攻略に必要になる基本的な情報は攻略概要 選択肢まとめに記載しております。説明不足を感じたり、より詳細な情報をお求めの方は、章別の記事をご欄ください。

ネバーランドシンドローム 関連記事(再掲)

 

シリーズ作

ネバーランドシンドロームシリーズ作である「監獄少年」の記事です。

 

関連作品

ネバーランドシンドロームの同じテーマの臨床心理を扱ったゲームです。ノベルゲームとローグ(RPG)の中間に位置するゲームでお勧めの作品です。

関連書籍

偶然にも、当サイト管理人はヒュプノノーツ1, ヒュプノノーツ2, ネバーランドシンドロームとインナーチャイルドをテーマゲームを3連続でプレーしました。インナーチャイルドに興味を持ち、ヒュプノノーツ2をプレーし終わったタイミングで、書籍を何冊か読み漁っています。

ネバーランドシンドローム内でもオススメしていますが、インナーチャイルドを理解するには「生きにくい子どもたち」が入門書として一番のオススメです。入門レベル以上になると適当な書籍を見つけられず、より高度な知識が欲しい方は実践例を見るのが適当かと思います。

 

インナーチャイルドを克服するのは “金銭的な意味で”難しい問題かもしれません。心療内科などのメニューを見るとカウンセリングコースが用意されていますが、1回8,000円以上の治療を数カ月も続けるのは経済的に厳しい人も居るでしょう。そこで、ある程度の現実解となるのが「認知行動療法」です。ヒュプノノーツ2では刻銘に描かれていますが、インナーチャイルドを抱えている人はマイナス思考のループに陥る事があります。「認知行動療法」はインナーチャイルドを受け入れる事はできないものの、認知(感じ方)を変える事によってマイナス思考のループを断ち切る 考え方のトレーニングのような教材です。

スポンサーリンク