嘘つきゲームの紹介記事で使用する印象的な場面

嘘つきゲームの紹介記事です。嘘つきゲームソリッド・シチュエーション・ホラーのノベルゲームで、システムはG.GEARの犯人は僕ですとほぼ同じルールのゲームです。このページでは、嘘つきゲームの雰囲気をお伝えします。

ソリッド・シチュエーション・ホラーは「ソウ」「CUBE」などの映画に代表される、限られた状況下にある人間の極限の状態をスリリングに描いた作品を指す和製英語です。邦画ならば「インシテミル」、漫画広告でよく見る作品ならば「リセットゲーム」などが該当します。

 

犯人は僕です等の類似ゲームをプレー済で慣れている方は簡易攻略 行動順一覧オススメです。あまり慣れてなく勝手が分からない方は、章別の詳細な記事をご参照ください。

嘘つきゲーム 関連記事

 
スポンサーリンク

ゲームの流れ

オープニング

記憶を失くした主人公は、突然、部屋の中で目を覚まします。そこには男女8人が居て、誰も部屋に監禁された理由が分からない状況です。「ソウ」「CUBE」などと同様に、ソリッド・シチュエーション・ホラーの典型的なオープニングでゲームが始まります。

 

嘘つきゲームの紹介記事で使用するピョートルのルール説明

主人公が目を覚ますと、ゲームマスターらしきピョートルと名乗る人形が唐突に嘘つきゲームの開会を宣言します。ゲームのルールは以下の通りです。人狼みたいなルールです。

突然ですが、ここに「嘘つきゲーム」開始の宣言をいたします!

それでは早速ルールをせt名します!突然ですが、皆さんの中に「殺人鬼」がいます!ルールは非常にシンプル!

ルール1
みなさんの中には殺人鬼がいます!殺人鬼だと思う人間を皆さんで選んでください!選ばれた人間は問答無用で処刑されます!殺人鬼じゃない人を間違って処刑しないように注意してくださいね!

ルール2
殺人鬼が全滅したらゲーム終了!ここから脱出することができます!

ルール3
制限時間内に全ての殺人鬼を処刑しなければ…殺人鬼以外の人は全員処刑されてしまいます!制限時間は7日間!誰が殺人鬼か見抜いて下さいね

会議準備

主人公は記憶を失くしている事もあり、他のメンバーから殺人鬼ではないかと疑われます。主人公はこの不利な状況を跳ね返すべく、誰が本当の殺人鬼かを調査し始めます。

嘘つきゲームに参加するメンバーは、3階層の空間に監禁されており、その中でストーリーが展開されます。行きたい部屋をタップして、メンバーと会話したり、殺人鬼である事を裏付ける証拠を集めたりします。

「犯人は僕です」をプレーした事ある人ならば、裏工作パートを思い出して下さい。やる事は裏工作パートとほぼ同じです。画面操作も裏工作パートと殆ど同じです。

嘘つきゲームの紹介記事での裏工作パートの説明。

 

嘘つき会議

主人公が充分な証拠を集め終わると、誰が殺人鬼であるかを話し合う嘘つき会議が始まります。誰が殺人鬼であるかを説明する話を、[証拠品]または選択肢で回答します。回答を2ミス以内で嘘つき会議を乗り切ればステージクリア、3ミス時点でゲームオーバーです。

嘘つきゲームの紹介記事での嘘つき会議の説明。

スポンサーリンク
 

ゲームの雰囲気

ソリッド・シチュエーション・ホラー, 人狼, 犯人は僕です, ダンガンロンパ。私はこれら要素の良い所取りしたようなゲームだと感じています。もしかしたら、人によってはパクリと酷評する人も居るかもしれませんが、良い所だけを集めるのは非常に難しい作業であり、私は充分に称賛に価すると感じています。

犯人は僕です

嘘つきゲームは、画面操作, システムが犯人は僕ですと非常に似ています。以下に、嘘つきゲーム犯人は僕ですの画面を並べて表示します。如何に似ているかが分かると思います。

「嘘つきゲーム」と「犯人は僕です」の比較(1/2)

「嘘つきゲーム」と「犯人は僕です」の比較(2/2)

 

犯人は僕ですとの違いを挙げるとすれば、ストーリーです。犯人は僕ですは主人公が犯人であり、犯人以外の弱みを握って黙らせるという斬新なストーリーです。それに対して、嘘つきゲームは王道のソリッド・シチュエーション・ホラーと言う感じで、殺人鬼と言論で戦うような感じのゲームです。ホラー要素は嘘つきゲームの方が強めです。

G.GEARが斜め上行く会社ならば、嘘つきゲームを開発したWTEAMは正面突破という印象です。

 

ダンガンロンパ

嘘つき会議が終わると、殺人鬼の1人がルール通りに処刑されます。これがまんまダンガンロンパです。

私個人的には、命を粗末にするような演出は好感が持てないです。が、google playの評価の中では好評もあり、管理人の個人的な意見なので聞き流して下さい。

「嘘つきゲーム」と「ダンガンロンパ」の比較

 

評価

まさに王道のソリッド・シチュエーション・ホラーのノベルゲームです。ゲームを開始して最初の15分くらいは「犯人は僕ですのパクリかな?」と思ってしまいましたが、嘘つきゲーム犯人は僕ですとは違った独自要素があり、ストーリーも別ものです。
犯人は僕ですプレー済の方は、嘘つきゲームも是非やってみましょう。ホラーゲーム好きにもオススメです。

ゲームタイトル内に「脱出ゲーム」と謳っていますが、このゲームが受けるのは脱出ゲームクラスタではなく、ノベルゲームクラスタです。読み物好きの方にオススメの作品です

ダウンロード先

脱出ゲーム 嘘つきゲーム

脱出ゲーム 嘘つきゲーム
開発元:Kousuke Wakayama
無料
posted with アプリーチ

スポンサーリンク