コトダマ勇者 名前でたたかうRPG
コトダマ勇者 名前でたたかうRPG」は、ガチャ運ではなく、名前によって能力が決まるRPGです。ランスロットならば騎士に、ポチならば犬に。RPG, 歴史上の登場人物など色々な名前を試してみましょう。
 

コトダマ勇者はキャラクターには、同社作品である「ふにゃもらけ」の仲間たちが登場します。彼らの仲間を名前として入力する事で強いキャラクターが誕生します。

このページでは、「ふにゃもらけ」の能力をまとめます。

コトダマ勇者 ふにゃもらけの画像

 

ふにゃもらけ 概要

スキル継承

ふにゃもらけは、スキル継承の能力を持っており、強化合体で仲間に強力な技を覚えさえる事ができます。例えば、エリア5以降で解禁される歌姫のスキル「天使の歌(消費MPなし全体HP150回復)」、エリア7で解禁される賢者のスキル「賢者の知恵(消費MP10%)低減」など、ゲーム後半, 終盤で使用可能になるスキルをイキナリ序盤で使用する事ができます。

ただし、ふにゃもらけは1回しか生成できないので、誰に継承させるべきかは慎重に考えましょう

以下スクリーンショットは「もらふにゃ」を使用した例です。「もらふにゃ」を傭兵に強化合体させる事で、武闘家のスキル「岩くだき」を傭兵が使えるようになっています。

コトダマ勇者 ふにゃもらけを使った強化例

スポンサーリンク
 

サーバン加入後 解禁

ふにゃもらけ使用上の注意は、2人目サーバン加入後に解禁される能力である事に注意ください。サーバン加入前はふにゃもらけの名前を入れても、別キャラクターが生成されます。

コトダマ勇者 ふにゃもらけの名前を使用した時の画像。サーバン加入前後で生成されるキャラクターが異なる

 

ふにゃもらけ スキル一覧

「ふにゃもらけ」のスキル一覧をまとめます。「最強キャラクターを作りたい」などの特殊なプレイを望まない限りは、用途が発生した瞬間にふにゃもらけのヒトガタを作成するのがオススメです。例えば、毒の沼地が初登場するエリア4に到達したら、毒ダメージ耐性を継承できる「もらデビル」を生成。

当サイト管理人はラストエリクサー症候群を発病しているため、最後まで「ふにゃもらけ」を使用しませんでした。一応、「ふにゃもらけ」を使用しなくても充分クリア可能です。

スポンサーリンク
コトダマ勇者 ふにゃもらけ 一覧
スポンサーリンク

コトダマ勇者で使用可能な「ふにゃもらけ」の名前一覧をまとめます。

No 名前 スキル
1 クラゲふにゃ

神様
釈迦
お釈迦様
商売繁盛
モンスターが落とすお金が増える
High Price
高額で売却することができる
2 ふにゃもらけ ラヒール
味方1人のHPを200ほど回復する
ヒールウインド
味方全員のHPを120ほど回復する
3 もらふにゃ
ジャモラ
岩くだき
岩をも砕く一撃、次のターン行動不能になる
消費HP20% 攻撃1.5倍 命中補正x0.9
パンチ&キック
パンチとキックを連続でくりだす
消費HP15% 攻撃0.8倍2回 命中補正x0.7
4 メタルふにゃ 防御アップ(大)
防御力がアップする
5 カメール パーティーガード
仲間をかばい自分に攻撃を集中させる
消費HP10% ダメージ軽減66%
6 オバケふにゃ 回避アップ(大)
回避がアップする
7 アフロふにゃ 電光石火
戦闘開始と同時に敵を攻撃する
レベル1で発動確率50%
8 おヒゲふにゃ ボーっする
ボーッとしてHPを35%ほど回復する
ふて寝
ふて寝してMPを10ほど回復する
9 オニふにゃ 格闘チャンピオン
技の消費HPを軽減する
10 青オニふにゃ 商売繁盛
モンスターが落とすお金が増える
11 キグルミふにゃ 慈愛
回復魔法の効果が高くなる
12 トノふにゃ キュアスリープ
眠りを治す
キュアパニック
混乱を治す
13 魔法使いふにゃ スモーク
敵全体の命中率を下げる
消費MP5 効果発生50%
スリープ
敵全体を眠らせる
消費MP14 効果発生40%
パニック
敵単体を混乱させる
消費MP16 効果発生70%
14 コウモリふにゃ 吸血
血をすい、自分のHPを回復する
攻撃0.65倍
15 ふにゃエンジェル 天使の歌
味方全員のHPを150ほど回復する歌
16 ベビふにゃ 宝のにおい
モンスターがアイテムを落としやすくなる
レベル1でドロップ率1.25倍
17 ダルマふにゃ ふんばり
HPが0になっても耐える。ただし反撃の場合は発動しない
レベル1で発動回数1回
18 もらデビル 毒ダメージ耐性
毒の沼のダメージを軽減する
レベル1で毒の沼ダメージが3になる
19 ツムーリ 危険察知
キラーアタックを受けにくくなる
20 ふにゃユニバース 賢者の知恵
魔法の消費MPを軽減する
レベル1で消費MPを10%カット
 
 

コトダマ勇者 関連記事

コメント欄整理のため、ある程度古いコメントで記事加筆済のものは削除しております。今後もコメント頂けますと幸いです。