ここに墓を建てよう~GO TO NIRVANA~」は、WHRP開発の放置ゲームです。本記事はこのゲームが気になっている方向けの感想文で、本作をダウンロードするか否かの参考にして頂けると幸いです。

スポンサーリンク

プレイ動画

百聞は一見にしかず、まずは「ここに墓を建てよう」の雰囲気をご覧ください。木魚を叩く音は癖になります。

セールスポイント

オフィシャルコメントではなく、私が勝手に感じている「ここに墓を建てよう」のセールスポイントです。

楽しく仏教のお勉強

プレーしているうちに自然と仏教の知識が身に付きます。日ごろ興味を持たない、108つの煩悩について調べてみるような契機にもなります。

ここに墓を建てよう 貧、瞳、痴、 三つの煩悩を三毒といいます。
貧、瞳、痴

ハカモリ:
新たな信者が増えたようですね。
無明とも呼ばれる煩悩を持つ
愚かのたましいです。

ななし:
おろかのたましい。

ハカモリ:
はい。これまでの信者が
とらわれていた貧、瞳、痴、
三つの煩悩を三毒といいます。
三毒は人間のもっとも根本的な煩悩、
心に苦しみをあたえる根源なのです。

センパイ:
がっはっは!
相変わらず固っ苦しい話してんなぁ
ハカモリぃ。

ハカモリ:
固苦しいとはなんですか。
大事な話ですよ、センパイ。

センパイ
子孫のやつには信者がいねぇから
しょうがねぇけどよぉ。
そんな煩悩まみれのやつを
信者にしたところで、
大した徳は積めねえんじやねえの?

ハカモリ
いえ、問題ありません。
修行を重ね、悟りを開くことで
高僧にも劣らぬ功徳が期待できます。

以下 省略

独特の世界観の登場人物

生前、ハムスター並みのしょっぱい「徳」しか積んでいなかった主人公を成仏させてあげるのが本ゲームの目標です。目標達成のため、ハカモリ(犬)、センパイ(ゾンビ)、主人公の3人が繰り広げるほのぼのストーリーは必見です。

主人公(名無し)
ここにお墓を建てよう 主人公(ななし)
主人公(ななし)

「徳が低すぎて、成仏できません」 ハムスター並のしょっぱい徳しか積めなかった主人公です。

ハカモリ
ここにお墓を建てよう ハカモリ
ハカモリ

主人公に徳を積ませるために教え導いてくれるお墓の管理人です。犬なので、棒を投げたら拾ってくる一面も。

センパイ
ここにお墓を建てよう センパイ
センパイ

主人公の祖先です。少々口の悪いところもありますが、ハカモリとセットでほのぼのとした雰囲気を演出します。

スポンサーリンク

ポクポクポクポク・・・チーン ( ーノー)o/”Ω

木魚を叩いて煩悩を昇華させます。中毒性あるポクポクポク チーンとの音がしますので、ぜひ、イヤホン付きでプレーして下さい。

ここに墓を建てよう ポクポクポク チーン
ポクポクポク チーン

ちょくちょく出てくるパロディや小ネタ

たまにパロディや小ネタで笑わしてくれます。煩悩を昇華させるストーリーなのに、ギャンブル漫画「銀と金」ネタが…。

ここに墓を建てよう 「銀と金」「ワンパンマン」
「銀と金」「ワンパンマン」

ゲームシステム説明

非常によくあるパターンの放置ゲーで、タップまたは時間経過でランクアップします。お墓の改築がタップによる徳のアップグレードで、信者の増加が放置による徳のアップグレードです。

ここに墓を建てよう お墓のアップグレード
お墓のアップグレード
ここに墓を建てよう 信者(煩悩)のアップグレード
信者(煩悩)のアップグレード

改善点

ある程度のタップ作業が必要

ゲーム終盤のみの話ですが、お墓のアップグレードにはある程度のタップ数が必要になります。とは言っても、他の放置ゲーに比べれば良心的になタップ数ですが、手首が痛くなります。

ここに墓を建てよう アンロックにはタップが必要
アンロックにはタップが必要

放置できない放置ゲー

お墓をしばらく放置していると「ハカアラシ」が登場します。その都度、アプリ起動が必要になるのですが、そんなに仕事中に携帯電話を見ている余裕ありません。仕事終わったら、お墓が荒らされている事が多々あります。

ここにお墓を建てよう ハカアラシを撃退
ハカアラシを撃退

その他 補足

サイト管理人のプレイ状況

巷では広告収入目的のファーストインプレッションのレビュー記事が流行っています。しかし、当サイトではゲームの良し悪しが判断できるよう、レビュー前に最低でもエンディングまでプレイするよう心がけています。レビュー記事作成時点の管理人のプレイ進捗は以下の通りです。

  • エンディング到達
  • 現在 実績収集中
スポンサーリンク